忍者ブログ

尾羽の小屋Blog

ニコニコ動画やったり、ウディタ用グラフィック素材を作ったりしている尾羽によるブログです。 素材はサイトで配布中。

中二病時代の黒歴史小説【 私 は 華 子 】

門を開ければ、広がる緑。

丹念に手入れされた庭。

朝には鳥達の美しいさえずり声が聞こえる。

英国のテューダー様式で建てられたこの館には、未亡人とその娘達が住んでいた。


その娘達のなかに、華子と呼ばれる娘がいた。

華子はとても美しい娘だった。

しかし、華子は生まれつき動けない体であった。

歩くことも、

走ることも、

立つことも、

話すことも、

自分で体を起こすこともできなかった。


そのため、華子はほとんど自分の部屋から出たことがない。

もちろん館から出たこともない。

学校にも行っていない。


だが、華子は自由な体の代わりに、誰よりも勝る美しさを持っていたのだ。


雪のように白く、触り心地の良い肌。

薔薇色の頬。

桜色の爪。

さくらんぼのように艶やかな唇。

深い海のように青い瞳。

丁寧に手入れされ、セットされた亜麻色の髪。


華子は美しかった。

まるで地上に舞い降りた天使のように。


何故、彼女はこれほどまでに美しいのか。

それは華子の母の入念な世話と、惜しみない愛情によって培われたものだった。


母の友人や客達が館を訪れ、華子に会うたび、彼らは感嘆の声をあげるのだ。


「まあ……なんて美しいのでしょう!」

「まるで天使のようだわ」

「彼女は、私がここに来る毎に美しくなっている……」


華子も、彼らの言葉に満足していた。


そうよ、私は美しいの。

私がこうして美しさを保っているのも、こうして幸せになったのも、

すべてはお母様のおかげ。


華子は決して動くことのない唇を動かすように、心の中で言った。


「華子、大事な私の娘よ。ずっと幸せにしてあげるわね」


華子の母は、いつも彼女にそう語りかけてくれていた。

だが華子は、自分が動けない体であることに苛立ちを感じていた。


お母様、どうして私は動けないの?

歩けないの?

話すこともできないの?


だが、華子の口からそれらの言葉が発せられることは無かった。


一方、母にはもうひとり、君子という娘がいた。

君子は華子とは違い、体を動かすことができた。


歩くことも、

走ることも、

立つことも、

話すこともできた。

彼女は自由に歩き回ることができた。


君子じゅうぶん美しい娘だったのだが、華子には及ばなかった。

客達は君子よりも華子の美貌を誉めていた。


「君子よりも華子の方が奇麗だね」

「華子ほど美しい娘はいない」

「君子はじゅうぶんきれいなのに、華子と並ぶとまるでねずみのようだ」



そのため、君子は華子を嫌っていた。

ことあるごとに、華子に罵声を浴びせていた。


華子はつらかった。

どんなに汚い言葉で責められても、

言い返すことも、その場から逃げることもできなかったのだ。


どうして私が責められなくてはならないの?

お母様、私の声を聞いて。

誰か、私の体を治して――。


華子は心の中で泣いた。

実際に泣くことができなかったからだ。

その瞳から涙が零れることはなかったのだ。


そう、“なかったはず”なのだ。



あるとき、君子がいつものように華子に罵声を浴びせていると、

決して変化を見せることのない華子の顔に変化が表れた。


君子は、華子の頬が濡れているように見えた。


君子は気が付いた。

華子が泣いている。

涙を流している!


「いやああああッ!」


君子は叫び声をあげた。

声を聞きつけて、母が駆けつけてきた。


「君子! どうしたの」
「お母様! 気持ち悪い! 気持ち悪いわ!」


君子は母に泣きながら訴えた。

その顔は、まるで幽霊を見たかのように青ざめていた。


「動いたのよ! “あれ”が動いたのよ!」

========================

PCにはここまでのデータしか残ってませんでした。
当時の私は何が書きたかったのでしょうか。

ちなみにこの後、動けるようになった華子が君子を殺すんですが、実は華子は奥様にかわいがられていたアンティークドールだったというオチでした。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
尾羽
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
TwitterID:tail_feather

カウンター

P R